YOKOHAMAシーサイドマラソン2021 初出場

 

※あくまで一個人の感想です

 

 

昨日

 

第5回YOKOHAMAシーサイドマラソン

に初出場しました。

 

前回のフルマラソン(TAMAチャレンジ42,195km※記録:3時間28分44秒)の翌日に応募した今大会。

 

色々な種目がある中で

 

個人ハーフマラソンの部に出場(21.0975km)

 

 

今回出場した目的は

・フルマラソンサブスリーに向けて
・スピード持久力を鍛える為。海辺を眺めながら走るのが気持ちよさそうだったから。

 

 

 

なにより

レースに向けて練習することで日々のモチベーションも上がりますしね。

 

 

 

 

当日

 

 

朝5時に起床し、レースの3時間半前に白ごはん400gとバナナ2本、サバ缶と納豆1パックを食しました。※食べ過ぎたと後々少し後悔

レース1時間半前には現地に到着。

 

この写真を撮影した時点では少し曇っていたので
絶好のコンディションじゃね?と思っていました(撮影した時点では)。

 

 

 

なお、大会MCはマラソンランナー川内優輝選手のモノマネ芸人のM高史さん。

初めて生で見たが、画面越しで見るよりかは体が細く見えた。

 

MCに関しては失礼ながら、ものまね芸人だけに

おふざけ満載なのかと思いきや

 

 

真面目にされてました。

 

 

しかも想像していたよりも数倍素晴らしいMC。

 

プロのMCでした。

 

 

マラソンに対する知識も豊富で
レース会場のコンディションや
暑さ対策、コロナ対策等に関しても的確にアドバイスをされていました。

 

 

マラソンに精通されているのが明らかに見て取れた。

 

 

ということで

ブログ

チェックしてみようと思う。

 

 

 

 

 

そして9時10分に開会式がスタート

チャレンジラン

 

親子ペアマラソンを経て

 

 

10時10分にハーフマラソンスタート。

 

 

コースは1周3kmの周回コースを7周。

※残り0.975kmについてはスタート位置をゴールより後ろにずらすことで調整。

 

・・・

 

実際にコースを走ってみた感想としては

・1km毎に給水あり(クエン酸入飲料) →ありがたや。

・地面に関しては石畳の箇所が多かったので、足に負担がかかりやすい。

・地味な上り坂が多い(急な上り坂は無い)

といったところか。

 

 

 

自分も含めて終始ランナーを襲ったのが

 

暑さではないだろうか。

 

レース開始前には控えめだった日差しが
レース開始後に全面に照ってきた。

 

日差しに対する逃げ場(日陰)も少なく、

日差しをモロに受けながら走りました。

(帽子もってきてたら良かった・・・)

 

こんな暑さで21kmも走るもんじゃないです。

 

また、

 

個人的には12kmを過ぎてから
両横腹に差すような痛みが発生。

個人的には暑さよりも

この横腹の痛みに一番苦しめられました。

 

 

 

※横腹の痛みの決定的な原因についてはまだ解明されていないようであるが

諸説はあるみたい。

 

ランニング中に横っ腹が痛くなったら?予防&対処法を一挙紹介|dヘルスケア (dmkt-sp.jp)

 

↑次回以降はしっかりと対策を講じていきたい。

 

 

横腹の痛みに耐えながら、最後はゾンビのような表情でゴール。

楽しくゴールするつもりが今回は一切余裕がありませんでした。

 

記録は1時間32分14秒。

目標タイムは1時間30分切りだったので未達成・・・ではあるが

暑さを鑑みると決して悲観するタイムではないと見ています。

 

ただ、いずれにせよ、フルマラソンはこの距離の倍になるのでまだまだ根本的な走力の向上が必要。

 

 

 

今日はゆっくり休んで明日以降は切り替えて練習に励みます。

 

↑レースが終わってからシーサイドスパ 八景島に向かうまでに撮影した写真。

走りさえしなければ最高の天気、気温。w

 

イメージしていた通り、

景色は最高でした。

シーサイドスパ 八景島

 

大会特典として入浴料100円引きの券が同封されていたが
その存在を忘れ

普通に入浴(1300円+バスタオルレンタル200円)

(まぁ・・・たった100円引きなので)

 

 

 

 

入浴に関しては

最高のひとときでした。

人も多く無い時間帯だったのでそれもまた最高。

 

 

 

そんなこんなで13時には八景島から脱出。

 

 

充実した素晴らしい1日でした。

 

 

次回もし出るとするならば

12kmの部で丁度いいかも。

 

 

ハーフは長すぎました。

 

以上

関連記事

  1. お笑いコンビの千鳥を知る由もなく 悠々と旅を続ける千鳥

  2. ロングTシャツ

  3. 寝落ち

  4. 書く

  5. 1月の月間走行距離(フルマラソンサブスリーに向けて)

  6. 再開

  1. 「顔にできたニキビの周りに数字を書く人」が美容動画まとめサイト…

  2. 今後の方針について③

  3. 今後の方針について②

  4. 今後の方針について①

  5. 朝令暮改