FP3級試験当日

 

FP3級試験 無事終了。

 

試験結果については6月30日10時にウェブサイト上に公開されるとのことだが

問題冊子が持ち帰りOKなのと

模範解答が本日17時半にウェブに公開されるとのことで

先程自己採点実施。

結果から言うと

学科試験、実技試験とも合格。

学科は50/60(36問以上正解で合格) 実技は13/20(12問以上正解で合格)

実技が思いの外ギリギリだったので少しヒヤッとしたが、合格は合格。

(間違えたところの解説を早く見たい)。

 

 

 

これで予定通り9月に2級試験を受けることができる(2級を受験する為には

3級に受かっておく必要があるため)。

落ち着いたらFP2級の勉強を開始する。

 

 

尚、6月は

12日に横浜シーサイドマラソン
20日にTOEIC試験とイベントが目白押し。

頑張ろう。

 

 

以下の駄文は

今日の日記です。

 

 

本日

5時半ごろ起床。

Twitter、Instagramに本日の絵を投稿し、youtubeに音声をアップロードしてから

FP試験対策で書き散らしたmyノートを少し見直し。

そして軽く散歩に出かける。

帰宅後、ナッツを貪りながらコーヒーブレイク。

 

諸々の準備をした後、住まいを出発。

 

9時半前に試験会場到着。

 

なお、試験会場は栄養士を目指す為の専門学校だった。

人生で中々入ることのないような場所なので
舐め回すように周囲を観察しながら会場に入室。

 

会場は大学の講義室のようなイメージ。

 

1教室に100人弱いただろうか。結構な人数だった。

(自分も結構な人数のうちの1人なんやけど)。

 

 

入室後、ある違和感(本日の不思議)を覚えたものの、しばらく経ったら解消されるだろうと思い、様子見。

しかしながら、試験5分前になっても違和感(不思議)は解消されない。

 

 

 

何が違和感(不思議)だったかというと

 

教室両サイドの窓が全て閉まっているという違和感(不思議)である。

これだけコロナコロナと騒がれている中、100人近く人が集まっている密集空間にもかかわらず
窓が全て閉まっている密閉空間になっているのが個人的に違和感(不思議)でしかなかったのである。

 

マスク着用を促したり、当日の体調について記入する用紙があるにも拘らず

窓は開けないという不思議。

 

また、コロナ以前に教室自体も暑かったのが違和感に対して更に拍車をかけていた。

(ハンカチで汗を拭っている人も数名いたので)。

いや、真夏で窓を開けても暑かったり
外が雨でジメジメするんやったら分かるけど

今日、良い天気やし、窓開けたら、涼しい・・・やん

としか思えなかった。

 

試験監督も受験者も誰一人として異議を唱えなかったのが本当に不思議で仕方がなかったので

 

試験開始5分前になった瞬間 静かに挙手し、

「窓を開けることは可能でしょうか」 とやんわり試験監督に申し付けた。

「いいっすよ」と返事があった後、自分の座席近くの窓及び他の窓が開放された。

 

 

そして新鮮な空気と涼しい風が無事入ってきたのである。

 

 

 

めでたしめでたし。

 

というわけで

勝手な自己満足感を覚えながら試験に臨んだ1日であった。

 

↑学科試験終了後、外をぶらぶら歩いているとお腹が空いてきたので
近くのデニーズにて「エビとアボカドのなんとかサラダ」(ドレッシングが2種類選べたので
にんじんドレッシングとごまドレを選択)を食した。

デニーズを出た後も、午後の実技試験まで時間が結構余っていたので、
試験会場周辺を散策。すると、隠れ家的なカレー屋を発見したので
即入店。(昼間の時間帯だけ間借りして店を開いているとのこと)

↑チキンチャナマサラと豚肉のケララ風シチューの2種盛り。

・・・沁みた。カレーは人類が発明した最高の料理の一つだと改めて思った次第。

↑カレーを食べた後、試験会場の近くのファミマにて初めてだし巻き玉子を購入。
予想以上に美味かったので今後小腹が空いたら
ファミマに立ち寄ってだし巻き玉子を立ち食いする可能性大。

 

その後ファミマのホットコーヒーを飲みながら一息ついて
午後の実技試験へ向かった。

 

午後の実技試験は午前中より集中力が少し落ちたがなんとか無事にこなし、1日の試験行程が終了した。

 

 

そして15時半頃帰宅。

 

 

総括するとて天気も良くて素晴らしい1日だった。

(試験にも無事受かったし)※恐らく

 

 

 

これからも新しいことにどんどん能動的にチャレンジしていきたい。

 

 

以上

関連記事

  1. FP3級試験 1週間前

  2. 自らの命と引き換えに人気SNSのアイコンになった人

  3. うさぎコーチ

  4. ローラーとコテの両方を使って一面を塗ってみた感想 Impression that I painted one side using both a roller and a trowel

  5. 脚時計

  6. インスタグラムの見過ぎでずっとオンライン状態になっているアイコンの眼球部分を洗浄する人