読書について

「読書は素晴らしい」

「本は読むべきだ」

 

何度も耳にしたことがある言葉。

 

私もそう思う。

近頃は読書が素晴らしすぎて
他人に「読書はいいよ」と勧めたくないレベル。

真に有益な情報や意見は
他人に言いたくないというのが本音。

それくらい素晴らしいものである。

 

 

 

今日は

読書を続けている中で
気づいたことについて羅列する。

 

 

本は頭から最後まで順番に読まなくてもいい

これは多くの読書術の本でも述べられているが
その通りだと思う。

本を読む上で大事なのは
本の内容を自身の血肉にすることであり
最初から最後まで読むことのが目標ではない。

本を最初から最後まで読めたことに満足しても
内容をアウトプットや実践できなければ意味がない。

特にkindleアプリでは目次にリンクが貼られており、
気になった目次に瞬時に移動できる。

めちゃくちゃ便利。

 

 

なので

最近は
まず目次を読み、気になったところだけ集中的に読むようにしている。

 

 

 

これにより新たな気付きをこれまでより早く得られるようになった。

 

 

 

 

 

気づきは突然やってくる

 

読了してもあまり内容が理解できない、パッとしない
という経験は度々してきた。

 

ところがふとした瞬間に本の内容が理解できることがある。

 

また、時間をあけてから読み直すことで本の内容が理解できた という経験もある。

 

 

 

本を読むという行為は
点を生み出す行為である。

 

そして点と点が結びつくと
線になる。これが自身の血肉になる瞬間である。

 

 

一度本を読むだけで線になる場合もあるが
大概は点を生み出すだけ。

点から線にするためには

・人に本の内容を話す
・ブログに感想を書く
・違う本を読む
・外を散歩する

などが有効。

 

個人的には

散歩をしている途中に
これまでに読んで釈然としたなかった本の意図が
急に分かり、もう一度読み直した経験が何度もある。

 

なので
一度本を読んだだけで理解できなくてもOK ということ。

 

 

以上

 

 

今日は読書をして気づいたこと でした。

 

 

追記

どうやら最近iPhoneとApple Watchがあれば
マスクありでも顔認証ができるようにOSがアップデートされたとのこと。

そして私はiPhoneとApple Watchの両方を持っている。

 

めちゃくちゃ便利になりそうなのですぐさまアップデートをしたかったが
家にWi-Fi環境がないのでアップデートできず。

本日ようやくWi-Fiスポットでアップデートできる時間があるので

明日はマスクありでFaceIDを利用してみた感想について述べたい。

関連記事

  1. 道端に落ちたちくわ

  2. 睡眠の重要性(備忘録)

  3. 自らの命と引き換えに人気SNSのアイコンになった人

  4. 整理

  5. 信号が青になってから横断歩道を一番先に渡る事で快感に浸りたい人

  6. インスタグラムの見過ぎでずっとオンライン状態になっているアイコンの眼球部分を洗浄する人

  1. 100万に1人の存在になる方法 感想

  2. 準備不足

  3. 読書について

  4. Kindle Unlimited 再登録

  5. 年内の具体目標のまとめと それに対する取り組み方(考え)の一部修正