晩ごはん後の時間

 

こんな経験はないだろうか。

 

晩ごはんを食べたあと、
よし頑張るぞ!(宿題やるぞ 勉強するぞ 練習するぞetc…)と思いつつも
ごろごろしてしまい、気づいたら寝落ち→夜中(もしくは朝) みたいな経験。

 

 

私はよく経験していた。

寝落ちする度に昨日の自分を恨んでいた。

また繰り返す。

 

 

自分だけかな と思った時期もあったが
どうやら周りでも結構いるらしい。

 

 

 

晩ごはんを食べた後に
タスクをこなすのは よっぽどのやる気がないと難しい。

思い返せば晩ごはんを食べた後に
物事に集中できた試しがないような気もしていた。

 

 

ただ

そろそろ革命を起こしたい

ということで

 

一旦夜散歩を始めた。

 

晩ごはんを食べた後、そのまま外を1時間程度散歩をし
帰ってきた瞬間に風呂に入る。

風呂に入った後は寝る準備をして
本を読みながら寝る といった流れである。

時間で具体的に表すと

22時就寝の場合、
18時30分~晩ごはんを食べ始め、19時までに食べ終える
→20時頃まで散歩→帰宅後すぐに風呂に向かう
→20時半~21時に風呂から上がり、
髪を乾かし、歯を磨いた後、消灯
→本(電子書籍)を読み22時頃就寝。

という流れである。

 

・・・なにか気づいた事はないだろうか。

晩ごはんを食べた後にタスクに取り掛かることを諦めたのである。

食後の時間を有益にする為、今まで色々な試行錯誤をしたが
試行錯誤の結果
晩ごはん後はなにもしない方が良いという結論に至ったのである。

 

 

 

ただ夜は何もタスクをこなさないが
その分を翌日の朝に回すのである。

 

 

朝は実際に起きて色々やってみるとわかるがかなり集中できる。

 

私自身

現に朝起きてから職場に向かうまでに
1日1絵の作成、投稿、Youtubeへの音声動画の投稿
ブログの記事執筆 簿記の勉強、ピアノの練習、1時間のランニング(今はウォーキング)
をこなしており

それぞれのルーティンが大体半年~1年頃は継続できている。

このルーティンをもし「夜にやりなさい」 と言われたら
恐らく続けることができないと思う。

それくらい朝の時間帯は生産性があるのである。

なので

晩ごはんを食べた後に
何かやろう と考えているけど集中できなくて悩んでいる人は

あえてやらずに朝にまわすのはいかがでしょうか。

 

 

 

ということで

以上。

 

 

 

 

※余談

上述の
最近はじめた夜散歩について

睡眠の質がよくなる
カロリーも少し消費できる(1時間で約300kcal)
ストレス発散
デジタルデトックスにもなる
と良いことずくしだったので今後も継続していく。

 

 

関連記事

  1. 筋トレ

  2. 速度制限

  3. エンタスでの絵の展示について

  4. 阪急電車

  5. アベノマスク

  6. 3年ぶりフルマラソンまであと約1週間