松岡修造

松岡修造という名前を聞いて
どのようなイメージが浮かぶだろうか。

熱血、とにかくアツい、暑苦しい、etc・・・といったイメージを持つ方が多いのではないだろうか。

 

私もそう思う内の一人である。

具体的には

元テニスプレーヤーの方で「アツい人」というイメージを持っている。

 

どのような実績を残した方なのかは知らなかった。

 

そこでふと彼の生い立ちも含めて
ウィキペディアで名前を検索し、実績、生い立ちについて調べることとした。

松岡修造 – Wikipedia

↑のリンクからウィキペディア本文を
ご覧いただくとすぐに分かるが

もの凄い情報量である。

誰がこんなに書いたたのだろうか
と気になりつつも

読み進めていくと予想以上に内容が面白くて
気づいたら最後まで読んでしまっている自分がいた。

 

 

 

松岡修造の日めくりカレンダーが発売されるほど
彼の名言や語録は沢山世に残されているが

名言を聞くよりも
私から言わせてみれば彼のウィキペディアを見るほうが
明らかに自身のモチベーションが上がると思う。

 

個人的に彼のウィキペディアを見て
紆余曲折のあるストーリー:人生 に非常に感銘を受けた。

 

自分の人生をウィキペディアに記載するとしたら
どんな文章になるだろうか。

 

松岡修造と比較して
自分なんか全然大したストーリーとかないやん・・・と悲観的な気持ちになったわけではなく
むしろこれからどんなストーリーを描けるかという割とポジティブな気持ちで捉えることができた。

 

 

 

 

 

一度考えてみたいと思う。

このブログを読んでいるマニアックな方も
一度自分の人生をウィキペディアに載せるとしたら
どんな文章になるかについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

以上

関連記事

  1. どんどん主体的に

  2. でる1000問とフロー状態と燃焼

  3. FP3級勉強開始

  4. 市場価値

  5. サロン