2020年振り返り

ベタに2020年を振り返ってみるとする。

2019年12月に絵を描き始めてから2020年は毎日1絵をSNS(Twitter)にアップし続けた。
2月からはInstagramやFacebookにもアップし始めた(Twitterでアップした絵を貼り付けるだけの簡単な作業)。
3月には個展をエンタスで開くという型破りなイベントを開催。
主観上ではあるが多くの方に訪ねてくれたと思っている。

6月には毎日描いている絵の中から1点題材をピックアップし
ウーパーイーツTシャツを販売(半袖)(90着以上販売)。
6月末からYoutubeチャンネルを開設(毎週日曜日にしれっと絵の解説動画をアップしている)。
7月にノリでオンラインショップサイト”SUZURI”を開始。

12月に階段から転げ落ちるクマとそれを見る人Tシャツ(長袖)を販売開始した。

振り返ると絵に関しては割とアクティブに活動していた気がする。
自分でやると決めて始めた事に対して様々な反応をもらえる事にありがたみを感じている次第である。
始めてよかった。

2021年もこれまでと同様に絵は毎日描き続けるが
①これまでより自分の中でのアートをより追求した絵を描いていきたいと考えている。
これは先日の現代美術のスターと呼ばれるアーティストの作品や生き方を見て深く心が動かされたからである。

②加えて新たな仕事というテーマでも絵を描いていこうと考えている。
これは主にビジネスに対する創造力を鍛える為である。
※ただ 実用的なビジネスモデルを考えるわけではなく むしろ無駄な仕事(AIに仕事を奪われた人間が暇を持て余すために始めた仕事)にフォーカスを当てた絵を中心に描く予定である。

2021年は上記2点を軸に進めていきたい。
また色んな店に足を運び、色んな人に出会い、自分の絵について知ってもらう予定である。

5月25日~週3回以上 1回30分と時間を決めてジョギングを開始した。
※走り始めた当初の理由は脳の活性化である。
こちらについても絵と同様に継続できている。
30分間のジョギングに関してはNikeアプリで平均速度等を計測しInstagramのストーリー(週3ジョギング)に毎回アップしている。

2020年は535.8km
87回走ったらしい ※30分ジョギング以外のランニングデータも含む。
ランニングについても始めて良かったと思っている。

2021年はフルマラソンでサブスリーを目標としたい。
これは具体的かつ大きな目標である。 サブスリーとはフルマラソンで3時間を切ることである。
サブスリーをするためには1kmを4分15秒のペースで42キロ走り続けなければならない。
ランニングアプリで計測したら分かるが素人であれば1kmか2kmで限界を迎えるであろう。

一筋縄ではいかないこの目標を何故掲げたかというと
「折角走ってるのだから人生で1回くらいサブスリーしてみたいな~」
ただこの理由だけである。
中学高校と陸上部に所属していたが
正直かなり遅い方であり特に高校では劣等感をひたすら醸成していっただけの3年間であった。
ただ、走ること自体は嫌いではない。自分一人で黙々と続けられることが性に合っているのかもしれない。

自分で練習メニューを決め、計画を定め サブスリーを達成した暁には強烈な達成感とともに
今後の人生の大きな自信につながると確信したので

2021年において真剣に取り組む中の一つとしたい。

 

音楽

2月にバンドを脱退する旨をメンバーに伝え
11月27日の神戸VARIT.でのライブを最後に脱退した。
バンドを脱退することは自分にとって非常に大きな決断であった。
9年間続けてきて色々な経験、体験をしてきた。
その中で
個の確立が不十分であるような気がしたので
自分の中での音楽を追求したいという結論に至った。
7つの習慣でいうと第3の習慣まで確立できていない(私的成功ができていない)
状態であったので このまま続けても真の意味での公的成功はつながらないと考えた。

 

 

11月に脱退してから12月は全く楽器を触っていない(オフ)である。
2021年はバンドというベールを脱いだ真っ新の状態で音楽と向き合うこととなる。
恐らく個人ベースで活動することになると思うが 音楽の今後については正月の三が日で深く自分と対話し具体化していきたい。

 

仕事

11月下旬に12月21日~に東京で1年間勤務してほしいことが急に告げられた。
なんというタイミングであろうか。バンドを脱退するタイミングこの内示は運命的なものを感じざるを得ない。仕事に関してもこれまで180度違う仕事である(警備の現場)
シフト制で当務(丸一日仕事)がメインとなるemployeeの最たる職務の一つである。

警備業界は慢性的な人手不足であり時間外もそこそこ発生することが分かっている。
体力的には負担が増えるが その中でいかにアクティブに1年を過ごす事ができるか
過酷な勤務の中で生産性のある1年を過ごす事ができれば 今後の大きな自信につながることは間違いない。なお、休憩時間も多いので仮眠を積極的にとる、自己投資を積極的に行うなどしたい。

ちなみに住居はの為家賃がかからないというありがたいことになっている。
完全な休日(公休日)も今までと違い日数は多くはないが貴重な一日として色々な場所へ足を運びたい。

 

以上、つらつらとまとまりがないままタイピングをしたが
2020年を漢字一文字で総評すると「変」の年であった。
世間的にもコロナで今までと違う一年だったかもしれないが
自分としてはコロナの有無関係なく 変 の一年であったはず。

※「変」は変わるの意 である。

2021年は「動」の1年にする予定である。

ここ最近強く思うことが、全ての事象においてインプットするだけではなんの意味もなさないということである。

自分で主体的に行動し、色々な場所に行き、自分で体験、経験したことは大きな価値をもつ。
体験することで自分の価値観が大きく変わる事がある。逆に体験しないと価値観は今と大きく変わる事はない。
仕事的にも夜勤が入るので給料も少し増える。長時間労働の為、考え方によっては浪費することも少なくなる(そもそも浪費はさけたいが)。

自己成長、投資につながる部分にはお金も惜しみなく使っていきたい。

2020年は素晴らしい1年であったので

2021年は2020年よりもさらに各段に素晴らしい1年を過ごしていきたい。

以上 良いお年を。

 

関連記事

  1. カラオケ

  2. Macbook Pro入手

  3. 見直し

  4. コンテンツ

  5. 自分自身の検定問題を作るのに没頭する人

  6. 目的