1日1食を2週間弱続けてみて

今後のスタンダードとなった1日1食生活だが

続いけていくうちに見えてきたことが3つくらいある。

 

①あまりにも空腹すぎると
ストレスレベルが高まり体に良くないのでは?という直感。
空腹時にランニングや筋トレは良くないとされている研究結果は多い。
また、カフェでコーヒーを飲む際に
胃への負担を感じた。

②1日の摂取カロリーが減ったため、
明確に体重の減少が見られた(これを続けるとどんどん体重を落とせそうであるが
落としすぎると良くないなと思ったのと、筋肉まで落ちているのではないか、との一抹の不安を抱かずにはいられなかった)。

③晩ごはんに反動として
やたらめったにご飯を食べてしまい 胃腸に負担がかかった

 

といったことである。

①②は大したことはないが
③は良くないな と本気で思った。

1日空腹に耐えたんだから
何をどれくらい食べてもいいだろう、むしろカロリーとらないと体重が減るし・・・→定食でご飯5杯くらいおかわり
→胃もたれ→便の状態も以前よりよくない

という循環である。

1食に詰め込もうとするのはよくないなということがわかりました。

 

 

ということで現在は1日1食に若干の修正を加えている。

 

 

 

ナッツのフル活用である。

↑のデイリーナッツは以前から頻繁に愛用しているが
1日1食生活にしてからは日中はナッツすら食べない という制限をかけていた。

 

その制限を解除し、小腹が空いたらナッツを食べてOK とした。

 

これにより過度の空腹のストレスからの解放がなされた。

また、良質な脂肪を含んでいるので
体重の著しい減少を抑えるのにも一役買ってくれている。

そして糖分が少ないので、沢山食べたとしても血糖値が上がりにくく、眠くならない。

 

↑裏面。カロリーは1袋で220kcalと結構ある。脂質も20gあり(不飽和脂肪酸)。炭水化物は6.8g(糖質は少なめ) タンパク質が6g入っているのもグッド。
ランニングを行う身としてはありがたい。
運動をしない人は食べすぎると普通に太ると思います。

 

 

 

あと、小分けナッツ(デイリーナッツとう商品です)なので
持ち運びも便利、袋を開けて食べるだけで食事時間はほとんどかからないのもスグレモノ。
※アマゾンで調べると出てきます。個人的に色々見比べた結果、↑の小分けナッツが最もコスパが良いと思います。1袋約72円

 

 

ということで

日中はしっかりとした食事はとらずに お腹が空けばナッツを食べる
→晩ごはんは普通に摂取(カロリーを摂ろうとして無理に食べない)

(厳密には1日1食ではないかも、やけど)。

 

 

 

これにより上述した3つのデメリットを解消しながら
1日1食の恩恵も受けることが可能になった。

 

 

というわけで今日も闘います。

 

以上

 

追記

 

明日はピアノについて書きます。

関連記事

  1. 増田国王草枝大樹(1452-1486)

  2. 年内の具体目標のまとめと それに対する取り組み方(考え)の一部修正

  3. 待機児童

  4. マスク

  5. 100歳