空腹と没頭

↑の写真はまんが愚公移山記から拝借(画像検索で出てきた画像をそのまま貼り付けさせてもらってますm(_ _)m)

 

 

 

私はどちらかというと大食いの部類である。
ギャル曽根みたいな大食漢ではないが
周りの人よりも食事量は多めかなという実感。

食事に対する考え方としては
食べる時はお腹が満たされるまで食べたい であった。

とはいうものの
↑の空腹こそ最強のクスリという本
の1日16時間食べないというのは昨年12月から現在まで実践中であり
実践前よりも調子は明らかに良い。午前中も集中できている。
※この本はまだ読んだことがない(読んだことないんかい)。要約サイトや動画で視聴し、上述のプチ断食実践だけしている。今後実際に読んでみたい。

 

 

16時間は何も食べないものの

16時間経った後の昼食と晩ごはんについては
変わらず満腹かそれに近いくらいまでの食事を摂取していた。

 

そんな私が

つい昨日から(というか今後ずっとそうなるであろう)全ての食事において腹八分目に抑えるようになった。

 

個人的体感として

満腹状態になると精神的には満たされるものの
そこからの活動量は明らかに落ちる。

それはなんかもったいないなーという気がしていた。

 

それに加え、先日申し込みをした簿記試験について

勉強時間をどうやって確保するかについて
悩んでいた。(仕事は長時間労働(夜勤あり)、睡眠時間は削りたくない、ルーティンは崩さない)

そこで実践してみたのが「腹八分目にしてみよう」であった。

 

実際にやってみると
食事後になにもやる気が無い という気分が抑えられたのに加え
これを実践し続けることで
1日ずっと没頭できるのではないかということに気づいた。
そして没頭すること自体が幸せだ ということにも気づいた。

 

食事で満たされるのも幸せであるが
没頭することで満たされるようになると
最強になれるかもしれない。

 

 

良い発見でした。

 

 

 

 

私と同じく満腹派の人間は

あえて1回の食事量を抑えて
没頭することの楽しさを見出してはいかがでしょうか。

以上

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ドライアイとの闘い

  2. Kindle Unlimited 再登録

  3. 部屋の整理

  4. 初コーヒーワークショップ

  5. 2020年振り返り

  6. 静かな年末年始