畳張り替え(てもらい)ます

 

古民家に人を呼ぶ計画を遂行するにあたり、ネックになっていた畳。

 

入居前は普通に土足で上がっていたし、腐食している箇所もアリ。

 

賃貸物件といえども、さすがになんとかしたい 

 

ということで
お金をかけて畳を張り替えてもらうことにしました。

 

 

 

そして昨日

畳屋で働いている地元の一つ年下の後輩の真野くんに連絡したところ

 

早速本日午前中に家まで来てくれました。

※土曜日も営業しているとのことです
※休日出勤をさせたわけではございません

 

現状の畳の状態の確認と
張替えの種類、費用、時期などを打ち合わせしました。

 

 

どうやら当古民家の畳は一度張替えしているとのことでした。

そこまで状態が悪いわけではないそう。

 

(さすがに素人では分かりません)。

 

張替えには色々な種類があるとのことですが

今回は一番安いプランでの表替え(い草の部分の張替え)をお願いしました。
※インターネットで調べていた相場よりも少し安くしてくれました(してくれたはず)

 

 

安いプランにした理由ですが
当物件は所有しておらず、あくまで借りているので、そこまでコストをかける必要はないと考えたからです。
(一番安い表替えでも6年はもつらしいです)

 

家賃が1万円と破格で借りているので大家さんにも感謝の気持ちということで
借り主負担で張り替えます・ω・

 

畳を一旦引き上げて、1泊2日、もしくは2泊3日ほどで新しくなって
家まで戻ってきます。

6月中には完了予定。

 

 

 

知っている人には言うまでもないことですが
真野くんは親切かつ丁寧に対応してくれて人柄も良いので

神戸市内にお住まいの方は
是非マノ畳店にご相談を↓

(最近お子さんも生まれてパパになったそうです)

 

関連記事

  1. 千鳥

  2. ブログ強化月間 6月

  3. 整頓

  4. パンプアップ後

  5. 無事?機種変更と楽天モバイルへ乗り換え完了

  6. 静かな年末年始