アルコールランプと赤いクマ

 

 

【アルコールランプと赤いクマ】

 

赤いクマ自らが熱源 という設定。

 

 

これからアルコールランプを加熱しに行くのか

加熱し終わり既に退散しているのか

 

想像は自由です。

 

 

どちらにせよ

消化するためのキャップが無いので

 

一度加熱すると燃え尽きるまで燃焼し続けます。

 

 

 

 

クマを地球

アルコールランプを人間と置き換えて

 

一度作品を自由に捉えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 寄せ集め 

  2. LSD

  3. コロナ

  4. オートファジー

  5. インフルエンサー

  6. 遺す