起きる(Wake up)

 

 

 

先日、前衛書道家に出会った。

 

パブリックな情報を検索してみたところ

年齢は62。

 

 

面白いことに

その方と連絡先を交換し

次週アトリエにお邪魔することとなった。

 

 

次週お会いする前衛書道家の方の作品をネット上で拝見した際に

 

「起きる」という作品が脳裏に思い浮かんだ。

 

 

不思議なことに

前衛書道家の方と出会うまでは

「書道」というワードが意識にのぼったことは一度も無かった。

 

 

意識にのぼったことが無かった分

パラダイムシフトに近い感覚を得られることができた。

 

 

アバウトな表現をするならば

 

今後が楽しみである。

 

The other day, I met an avant-garde calligrapher.

According to search for public information, he is 62 years old.

Interestingly, I exchanged contact information with that person and decided to visit his atelier next week.

When I saw the work of the avant-garde calligrapher I’m meeting next week on the Internet, an artwork called “wake up” came to my mind.

Strangely enough, the word “calligraphy” never came to consciousness until I met an avant-garde calligrapher.

I was able to get a feeling close to a paradigm shift because I had never been conscious.

If I express it about it, I’m looking forward to the future.

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ULIX RIDERイヤホンを開封して驚いたこと  What surprised me when I opened the ULIX RIDER earphones

  2. 瞑想集団

  3. マイク・シモヒラ(2879-)

  4. PC復活

  5. 日替わりフェイス(Daily face)

  6. スマホ脳との出会い Encounter with “Smartphone brain”