インフルエンサー

インフルエンサーという言葉は最近よく耳にする。

ちなみにWikipediaによるとブログ利用者が急増した2007年頃から使われるようになったと書かれている。
思ったよりも以前から使われているんだなー という感想。

近年はインフルエンサーを活用したマーケティングも頻繁に見かける(youtubeやInstagramなど)。

影響力をもてること自体は「一般的」な生活をしていると出来ないことなので凄いなと思うが

影響力を持ちたい ということを目標にする事があったとしたらそれは違うかなと個人的には思う。

インフルエンサーはその人自身に価値や魅力を感じるからフォロワーが増える。

なので自分自身の価値を高めていかないといけないが、影響力をもちたいというモチベーションだけで努力するのは継続性が薄いと感じる。自分自身が得意としているものや、自分自身が信念をもって考えていることについてつきつめていくことによって気が付いたらフォロワーが増えていたみたいな感覚の方が精神衛生上も良いではなかろうか。

あと、そもそもフォロワーの数やいいねの数を気にしすぎるのは際限の無い欲求に苛まれる原因であると考える。

対外的な価値観を気にしすぎるよりかは一人でもいいねやフォローしてくれていることに感謝すべきでなかろうか。

(ということに自分も最近気づきました)

インフルエンサーになれる(フォロワーが増える)のは嬉しいことであるが、なるためにフォロワーを増やす事を意識しすぎると精神衛生上よくない。

 

以上

関連記事

  1. 望月佳奈(Kana Mochizuki)(1992-2022)

  2. ベージュ

  3. 熱中症

  4. エスカレーターの手すり

  5. ジャグリング4

  6. バズ・ライトイヤー